沿革

紅梅食品工業株式会社のあゆみ

昭和23年 3月 東京都練馬区石神井町4-1-12に於いて、資本金15万円にて果実ジャムの製造を目的として、堀口譲が紅梅食品有限会社を創業。
昭和25年 3月 ピーナッツクリームの製造を開始。
昭和30年 3月 紅梅食品工業株式会社設立
昭和35年 3月 デラックスあんみつの製造を開始。
昭和36年 12月 正月料理用木目羊かん製造開始。
昭和40年 4月 資本金500万円に増資。
昭和42年 12月 本社工場を拡充。
昭和43年 4月 資本金700万円に増資。
昭和44年 5月 資本金875万円に増資。
昭和44年 6月 冷凍食品の製造を開始。
昭和44年 6月 資本金1,000万円に増資。
昭和44年 7月 冷凍食品協会の認定工場となる。
昭和47年 3月 株式会社モスフードサービスと取引開始。本社工場にてハンバーガーパティ、ミートソースの製造を開始。
昭和50年 10月 販売部門として、紅梅商事株式会社を設立。(資本金500万円)
モスバーガー石神井公園店開設。
昭和51年 1月 埼玉県所沢市に所沢工場竣工、ソースの製造を開始。
昭和52年 3月 資本金を1,500万円に増資。
昭和52年 11月 資本金を2,000万円に増資。
昭和53年 11月 資本金を4,000万円に増資。
昭和54年 4月 栃木県今市市に今市工場竣工、ハンバーガーパティの製造を開始。
昭和57年 1月 仕入部門として、株式会社紅梅を設立。(資本金500万円)
昭和58年 1月 資本金を6,500万円に増資。
昭和58年 8月 所沢に配送センターを建設。
昭和58年 11月 紅梅商事株式会社の資本金を1,100万円とする。
昭和59年 1月 JASの認定工場となる。承認番号HP19。
昭和60年 8月 有限会社飯田運輸を系列企業とする。
昭和60年 11月 有限会社飯田運輸を有限会社紅梅物流に名称変更。
昭和63年 10月 栃木県今市市ハンバーガーパティ専用の新工場竣工。(現栃木工場第一)
平成6年 10月 今市第一工場に新含気調理システム製造ラインを新設。
平成8年 9月 栃木県今市市にソース、惣菜等専用の新工場竣工。(現栃木工場第二)
平成9年 3月 栃木県今市市に生麺専用の新工場竣工。(現栃木工場第三)
平成9年 6月 新ハンバーガーパティの製造を開始。
平成15年 6月 焼肉ポーションの製造を開始。
平成16年 1月 豚しょうが焼ポーションの製造を開始。
平成20年 1月 ホットチリソースの製造を開始。

ページトップへ